20代でaga男性型脱毛症になった育毛日記

20代でaga男性型脱毛症になった育毛日記

AGAとは

AGAとは男性型脱毛症の英語名の略のことです。
成人男性に多く発症する髪が薄くなる状態のことをいいます。思春期以降に生え際や頭頂部が薄くなる、もしくはその両方が薄くなる症状のことをいいます。
一般的に男性ホルモンがAGAの主な原因として考えられています。
この症状はゆっくりですが確実に症状が進行し薄毛からハゲの状態になります。
現在AGAは全国で1260万人いるとされそのうち気にかけているひとは800万人、また650万人の人は実際に頭皮ケアを行ったことがあるとされています。20歳から70歳までの成人男性は全国で約5000万人、そのうちの4人に1人の割合でAGAを発症しています。

 

AGAの種類

 

AGAの特徴は脱毛タイプによって進行パターンが変わってきます。額の生え際から頭頂部に向けて進行していくタイプ、頭頂部から薄毛が広がっていくタイプ、これらの症状が組み合わさったタイプの3種類に分けられます。

 

AGAの発見

 

AGAの脱毛部にはジヒドロテストステロンが高濃度で存在しそれがヘアサイクルの成長期を短くしている原因と物質と考えられています。成長期が短くなると髪の毛の成長が完全になる前の段階で抜けてしまうため細毛や短い毛が目立つようになります。

 

このジヒドロテストステロンは5αリダクターゼという酵素と男性ホルモンであるテストステロンが結合しできるものです。

 

AGAの進行

 

AGAは抜け毛や薄毛がゆっくりと時間をかけて進行していきます。また生え際や頭頂部がのどちらか一方もしくはその両方から薄くなっていきます。髪の毛をつかさどる毛包がじゅうぶんにせいちょうしないため髪の毛が通常のように太く長く成長しないうちにぬけてしまいます。
ただし毛包が存在している限り髪の毛は育つ可能性があるので諦めないことが大切です。

 

髪の毛について

 

髪の毛の構造

 

意外と髪の毛のことを皆さんは知らないと思うのでここで解説したいと思います。

 

 

髪の毛は毛包と呼ばれる部分で細胞分裂を繰り返し形作られていきます。毛包の深部には毛球がありその中には毛母細胞と毛乳頭からできていいます。毛母細胞は頭皮にある毛細血管から運ばれてきた栄養素や酸素をエネルギーとして消費し繁殖や分化など細胞分裂を繰り返すことで髪の毛が成長し、太く長く伸びていきます。またもう乳頭は様々な物質を分泌し毛母細胞の細胞分裂をコントロールする役割があります。
ちなみに毛髪の成長速度は1日に0、35mmで1ヶ月で約1cm伸びます。もちろん成長期の子供はもう少し伸びるのが早くなります。

 

 

髪の毛の種類

 

髪の毛は大きく分けると2種類に分けられます。
一つ目は軟毛と呼ばれるもので通常よりも髪の毛が細くメラニン色素が少ないため周りの髪の毛よりも薄い色をしています。これは成長の過程において強くなっていくものなので成人に達する頃には太くなります。ただし生えている部位にもよります。生え際のこめかみ辺りの毛は軟毛であることが多いのですがこの付近の皮膚は他よりも硬くまた、毛細血管が細いため軟毛が育たないことが考えられます。

 

その他の髪の毛のほとんどは硬毛に変化します。
髪の毛のヘアサイクル
髪の毛は1本1本に寿命があります。伸びては抜けてを繰り返すことをヘアサイクルと呼び1本のヘアサイクルの寿命は2年から6年とされています。ヘアサイクルには成長期、退行期、休止期があり一般的に成長期が一番長いとされます。
しかしAGAを発症してしまうとこの成長期が極端に短くなるため薄毛を発症してしまいます。

 

抜け毛と季節の関係

 

抜け毛は季節によっても変動することが言われていますが一般的には夏のダメージを受けて秋に抜け毛が多くなるとも言われています。

 

産後

 

男性には関係ありませんが女性にも一応女性性男性型脱毛症fagaがあります。特に抜け毛のひどくなる産後から発展していく可能性があります。

 

女性の産後には安心して使える育毛剤が必要です。

 

女性用育毛剤はこちらのサイトが参考になります。

 

女性用育毛剤ランキング

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ