20代でaga男性型脱毛症になった育毛日記

プロペシアを使用するよりももっと安全な育毛

プロペシアを使用するよりももっと安全な育毛

プロペシアを使用するよりももっと安全な育毛

 

プロペシア確かにagaを防止するには一番手っ取り早くてそれなりに効果が期待できますよね!全然使ってもいいと思うんです。でも、もし、もし仮に副作用が自分に降りかかったとしたら・・・・。
もし、仮に自分の家族をプロペシアのせいで、自分のせいで迷惑をかけてしまったら・・・・。

 

そしてプロペシアには初期脱毛のことも頭に入れておかなければなりません。

 

初期脱毛とはプロペシアを服用し始めて本来抜けるはずの髪の毛が期間を前倒しして一気に抜け落ちてしまうことを言います。

 

それより何よりもプロペシアに体が耐性をつけてしまったら?使い始めて1年2年は効果が期待できるかもしれません。

 

でも薬の耐性というのは必ずついてまわるものです。耐性というのは、プロペシアの効き目が鈍化してしまうということです。そしてagaは確実に進行します。

 

仮にプロペシアを途中でやめても、それまでプロペシアで抑えてきた抜け毛が一気に始まり、一気に抜け落ちるということも希ではありません。

 

そう考えると安易にプロペシアというのもチョット、と思いませんか?

 

プロペシアを非難しているわけではありませんが、薬に頼る前にもっと安全に効果的に継続的な育毛方法を考える必要があると思います。

 

最初にも言いましたがトップページagaの原因は遺伝要素が30%で日頃の生活習慣が70%だと言いました。

 

そう、今だからこそ生活習慣を見直して行くべきだと私は思います。

 

食事、睡眠、運動、ストレス発散、などやるべきことをどれか一つでも実行して体によい習慣づくりをしていく事が重要だと思います。そしてその生活習慣は髪の毛だけではなく、後の自分の健康状態にも大きく影響することだと思います。

 

agaや薄毛って考えてみると体が不健康だから起きてしまう病気ですよね?体が健康であれば、健全な生活習慣を送っていればおそらくagaは防げると思うのです。

 

一節には日本人のagaが増えた原因の一つに食生活の欧米化、それと毎日のシャンプーが原因とあります。ジヒドロテストステロンとか関係なくないですか?元々体にあるホルモンなのですから。

 

プロペシアを使わなくても育毛に成功した事例がここにあるので参考にご紹介します。

 

キャピキシル配合フィンジア育毛剤の効果

ホーム RSS購読 サイトマップ