20代でaga男性型脱毛症になった育毛日記

AGA治療2

AGA治療2

AGA治療の平均的費用は?

 

日本ではAGA治療は保険適用外になります。そのため治療に伴う全ての費用は実費ということになり高額になってしまうこともしばしばあります。

 

しかしほとんどのAGA専門クリニックでは費用に対して相談に乗ってくれます。

 

ちなみにプロペシア1ヶ月分の費用が約8000円前後、それにミノキシジルやビタミン剤、診察料を含めると通常治療で月に10000円から15000円が相場となります。

 

他にも毛髪再生医療であるハーグ療法やメソセラピーを施術すると数十万から数百万単位で負担がでてしまいます。

 

今では悪質なクリニックは減りましたが自由診療なため高額請求するとこも稀にあるのであらかじめ問い合わせたほうが良いでしょう。

 

AGA治療は、どれぐらい続けるものですか?

 

AGA治療は個人差があり完治までの期間がハッキリとはしません。通常のプロペシアやミノキシジル治療をメインで行った場合早くても効果が現れるまでに半年、また3年続けるとAGAの進行が治ったという報告もあります。

 

またこういった薬剤治療には体の耐性というものもできてしまうため治療期間が長くなるほど薬の効きも薄まっていくことが言われています。

 

若ハゲってなんですか?

 

髪の毛が薄くなるのは、通常 40代や50 代からが多いのですが、最近はストレスや生活習慣の乱れから 10代や20 代のうちから薄毛の悩みを抱える男性が増えてきました。このような症状を「若年性脱毛症」といい、「若ハゲ」とも呼ばれています。 50代からの薄毛であれば老化によるものなので自然現象といえますが、若ハゲは明らかに毛髪のサイクルに異常をきたしています。確実に若ハゲになった原因がありますから、そこを見極めてから治療をしていく必要があるでしょう。

 

よくAGAと若ハゲは別に考えられていますが男性の場合ほとんどは若ハゲもAGAの一種です。若いときに発症するAGAが若ハゲ、若年性脱毛症とも呼ばれています。ですからこれの治療も基本的にAGAと同じですが、もし悪玉男性ホルモンが原因でない場合は日頃の生活や頭皮ケアなどに問題があります。これもクリニックで相談が可能です。

 

AGA治療で注意点は?

 

薬剤治療で欠かせないプロペシアやミノキシジルですが日本では医療機関の医師の処方箋がないと手に入りません。しかし個人輸入でも購入できることから費用をできるだけ安く済ませたいと思っている人が利用する場合が多いです。

 

しかしそれにはリスクがありもしも副作用を発症したり偽物だった場合クーリングオフができず全ての自己責任となります。プロペシアやミノキシジルは第1種医薬品に指定されているのでそのリスクはそれぞれが理解していなければとても危険です。

 

まとめ

 

このようにAGA治療には基本的にプロペシアやミノキシジルはといったものが使用されます。しかしこれは男性の薄毛やハゲであるAGAに限定したもので女性の方の使用は禁忌されています。女性には女性用のものがあります。

 

女性用育毛剤で一番有名なマイナチュレ育毛剤

ホーム RSS購読 サイトマップ